2010年12月10日

The10th SHINJYUKU TRAD JAZZ FESTIVAL

毎年楽しみにしているジャズ・フェスティバルが二つある。
ひとつは、前に紹介した<銀座インターナショナル・ジャズ・フェスティバル>
もう一つは、今回の<新宿トラッド・ジャズ・フェスティバル>である。

11月13、14日、新宿の末広町、要町一帯がジャズ解放区となった。

銀座が、ルイヴィトン、シャネル、フェラガモ、モンブランなどの世界的に著名なブランドがバックアップしているのとは対照的に、新宿は、この町のジャズ好きが中心になり、地元の商店会が協力する手作りのお祭りである。
庶民の町新宿らしいフェスティバルである。


新宿JF05.jpg
いたるところに青空カフェが


<PITINN>、<楽Qui>、<New Ton’s Apple>などのライブハウスと、<銅鑼>、<馬酔木>、<どん底>などのレストラン、飲み屋20軒がスペースを提供し、参加者も、プロ、アマまじえ200人を超える。

二日間、街にはバンジョー、クラリネット、トロンボーンが鳴り響き、ゴスペルの歌声が流れてくる。
マーチング・バンドが町を練り歩く。
路上にテーブルが出され、若いカップルや年寄りたちが朝からビールを楽しんでいる。
ジャズ発祥の地、ニューオリンズにいるような錯覚を覚える。
見ているだけでからだがウキウキとスウィングしてくる。


新宿JF.jpg
お祭り広場の賑わい


ディキシーランド・スタイルにニューオルリンズ・スタイル。
スウィング・スタイルだって10組はある。
この三つ、どこがどう違うんだったっけ。
ヴォーカルにゴスペルもあちらこちらでやっている。

どこからまわろうか。
とても全部はまわれない。


ph2.JPG
街中にジャズが流れる新宿「ニューオルリンズ地区」


旧知のヴォーカリスト、海老原淳子さん中溝ひろみさんが出ているところに、まずは表敬訪問するとしよう。
どこもかしこも超満員で、写真を撮れそうな場所を確保するのがひと苦労。
まだ一枚も手元にない中溝さんの正面写真が撮れたので、まずはよしか。

中溝ひろみ.jpg
中溝ひろみさん。ヴォーカリスト海老原淳子さんのお弟子さん。
初々しい歌い方がとてもチャーミング。

早稲田大学OBの<ハロバンド>
アマチュアながら、浅草ジャズフェスでの最終20組に残った実力に感心しつつ、ゴスペルグループ<Brother TAISUKE>へ。

総勢30人ほどのコーラスグループ。
満員で入り口から中へ一歩も入れない。
客は若い女性がほとんどだ。
ゴスペルが、こんなにも女性に人気があるとは知らなかった。
全員、聴きながら歌い、手を叩き、身体を揺する。

信仰心?
ないだろうなあ。
たぶん、歌には人の心を動かすなにか根源的な力があるんだろう。


ph1.JPG
早稲田大学OBたちの「ハロバンド」

ph3.JPG
ゴスペルの「Brother TAISUKE」。にわか信者?の女性たちで超満員


オルガンの小林創さんが、2ヶ所に出演している。
最近、人気急上昇のミュージシャンらしい。
楽しみにしていた人だった。

最初は、下間哲さん(tp)とのDuoでピアノを弾く。
大先輩、下間さんを立てているのか、バックに徹しておとなしい。

次のオルガンバトルで、羊の皮を脱ぎ捨て狼の正体を前面に出す。
11年間のシカゴ生活から帰国したばかりという土田晴信さんとは初顔合わせ。
バックも、この日の朝まで決まっていなかった急造ユニットでの演奏だった。

なにをやるかなんて決めていない。
打ち合わせする暇もない。いきなりの本番である。
小林さんが、曲名とコードだけを指示し、演奏に突入する。
大丈夫かいな、という当方の心配などまったくの杞憂だった。

二人のオルガンは、まさにバトルだった。
ドカベンを思わせる風貌の小林がエネルギッシュな演奏を繰りひろげれば、細身の土田の神業のような早弾きが、にらみ合いもつれ合いしつつ合体していく。
一瞬にして200人を超す聴衆の心をわしづかみにする。

ぶっつけ本番でこんなにも素晴らしい音楽世界を作り出してしまう。
ミュージシャンの才能のすごさをまざまざと見せつけられた。


やっぱり <ジャズは楽しい> がいい。

バップだろうがファンキーだろうがトラディショナルだろうが、どうでもいいでは
ないか。
少しぐらいのうまいへたなど関係ないとさえ、思えてくる。
楽しい一日でありました。




posted by 松ぼっくり at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。