2010年09月17日

ジャズの魅力を追い求める ─ジャズ・トランペット奏者 類家心平さん

繰り返し観たり聴いたりするうちにしだいに良さが分かってくる、という人がいる。
一瞬にしてトリコにされてしまう、人もいる。
ミュージシャンの個性もいろいろです。

類家心平
いま人気のジャズ・トランペット奏者。

ruike02.jpg


彼のライブは、一度聴いたら忘れられない。
音よりも、その雰囲気に惹きつけられる。
だから、<類家心平>を聴くには、まずはCDから入ったほうがいい。
それほど、彼の舞台での存在感は強烈なのだ。
これほど舞台映えするミュージシャンは、そうはいない。
彼のもつ独特な雰囲気の正体は、「張り詰めた感覚」です。

例えば。
「菊地成孔ダブ・セクテット」。
このバンドのもつ緊迫感・重量感は尋常ではない。
スタジオ作業の「ダブ」を生でやってしまうのがこのユニットの売りのひとつで、バンド名にも入っている。
何が起こるかわからない、生ダブゆえの「ハラハラドキドキ感」が緊張感を醸し出し、類家の存在が、それをさらに増幅・加速・凝縮させる。

もう一例をあげれば。
山田貴子とのDuo.
山田のゆったりとしたピアノと、類家のとぎすまされたトランペット。
緊張と救済、または解放。
二つの音はそれぞれ独立してそこにありながら、渾然と融けあい、双方がたがいを補完し、見たこともない二人の世界を作り出していく。

どちらのユニットにおいても、類家のもつ緊迫感は際立っている。

類家心平は「張り詰めた感覚の人」、なのです。


1976年生まれ。
10歳からトランペットを始める。
高校卒業後、自衛隊入隊。射撃、匍匐前進などの訓練を行いつつ、音楽隊で演奏活動を。
2001年、除隊後上京。音楽活動を開始。
2004年、ジャムバンド「urb」でメジャーデビュー。3枚のCDを出す。
2006年、自身の「Shinpei Ruike 4 piece band」を結成。
(類家心平tp/ハクエイキムp/鉄井孝司b/吉岡大輔ds/)
2009年6月、「DISTORTED GRACE」をリリース。
  
DISTORTED GRACE

DISTORTED GRACE

  • アーティスト: SHINPEI RUIKE,HAKUEI KIM,KOJI TETSUI,DAISUKE YOSHIOKA
  • 出版社/メーカー: Rambling RECORDS
  • 発売日: 2009/06/03
  • メディア: CD



ルイケ シンペイと読む。
この珍しい名前は、彼が生まれた八戸市のある地域に集中してある。とウィキにあった。
類家1丁目から5丁目まで、町名もあるらしい。
義経伝説に関わりがある名前だとか、そんな話も彼の雰囲気によく似合う。

本人は嫌がるかもしれないが、イケメンです。
だが、ありがちなアイドル的軽さは少しもない。
硬質な、緊張感のあるイイ男。
マイルス・デイビスのキメ台詞で言えば。

「クールでヒップなヤツ」

ということになる。

シャープでふくらみのある類家サウンドは、世代を超えて支持されている。
日本のジャズ・シーンでは珍しく、若い女性フアンまでガッチリと捉えている。
集客力も群を抜く。

ビバップ、前衛、電気音楽、ダンスミュージックまでを視野に入れた幅広いパースペクティブをもちつつ、それらを貫く「音楽性」を大事にしたい、と言う。

「音楽性」とはなにか。
答えは、まだ出ていない。
どこまで追求しても答えが見えないのがジャズの魅力。

それをつかまえるべく、ルイケの<匍匐前進>は今日も続く。


音楽「Chaotic Territory II」視聴できます
Chaotic Territory II.wav

《ライブ情報》
10月5日(火)
【SHINPEI RUIKE 4 piece band】 横浜 Motion Blue YOKOHAMA

★ 類家心平オフィシャル ウェブ サイト


posted by 松ぼっくり at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージシャン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162483577

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。