2012年09月27日

東京JAZZ FESTIVAL 2012

<東京ジャズ2012>が、今年も9月7日から9日まで、東京国際フォーラムで開かれた。

国内最大級のジャズ・フェスティバルとパンフにうたわれている。

主催は。
NHK、NHKエンタープライズ、日経新聞社。

後援は。
東京都、文化庁など。

会場は。
キャパ5000人の東京国際フォーラム、ホールA。
The Plaza(会場前広場)。
丸の内COTTON CLUB。

tokyo jf 001.jpg
ジャズフアンで賑わう会場前広場<The Plaza>

公式来場者数は。
The HALL 14,457名
The PLAZA 14,130名
The CLUB 963名
総入場者数 29,550名

野外のロック・コンサートには比べようもないが、3日間で3万名動員した。
近年、ジャズの人気が上昇しているというが、その証し!?

スポンサーは。
TOYOTA、PANASONIC、KDDI、YAMAHA、Daiwa House、MIZUHO銀行、大林組、三井住友海上・・・。

日本を代表する一流企業が<国内最大級>を支えている。
ジャズにこれだけの応援団がいるとはなんとも心強いが、願わくば、一極集中ではなく多極分散してほしい気がしなくもない。

ところで、肝心の出演者は。

 バート・バカラック
 ベン・E・キング+村田陽一BIGBAND
 ボブ・ジェームス・クインテット+松田聖子
 ジョー・サンプル・&ザ・クレオール・ジョー・バンド
 小曽根真+エリス・マルサリス、クリスチャン・マクブライト、ジェフ・テイン・ワッツ
*タワー・オブ・パワー
*バルカン・ビート・ボックス+SOIL&PIMP
*RUFUS+スガシカオ
 TAKE6
 エスペランサ・スポルディング Radio Music Society
 カシオペア3rd
 JAGA JAZZIST
 イブラヒム・マーロフ
 オズ・ノイ
 ギラッド・へクセルマン・カルテット+マーク・ターナー
 JILL-Decoy+平戸祐介、松岡matzz高広(quasimode) 
 大江千里

 And more・・・。


2HN_4256rs.jpg
(1)左から、小曽根真、クリスチャン・マクブライド、ジェフ・ティン・ワッツ

1HN_8760rs.jpg
(2)ベン・E・キング

ボブ・ジェームス&松田聖子(2)rs.jpg
(3)ボブ・ジェームスと松田聖子
(1)〜(3) (C)TOKYO JAZZ FESTIVAL 中嶌英雄/Hideo Nakajima



最大の目玉だった(と思う)ジャズ・ジャイアントのオーネット・コールマンが、体調不良で参加できなかった。
1930年生まれの82歳。
ナマで聴けるラストチャンスだったろうに、残念でならない。
モダンジャズ・フアンにとっては、これがジャズフェス?という顔ぶれで、やや不満もありそうだ。

ラインアップをみて感じることは、新旧、東西、ジャンルを問わず、今の世界のジャズ・シーンをよくここまでそろえたなあということ。
見事に網羅的。
いい意味でNHK的といっていいかもしれない。

これら出演者の名前をみて、ああ、あれか、と、すべてわかる人っているんだろうか。
一応、手元には出演者全部のプロフィールがあることはある。
紹介してもいいのだが、紙数がない。
興味のある方は、オフィシャルHPをご覧になってください。

以上。

以上って、これでおしまい!?
はい、これでおしまいです。

実は、ほぼすべての公演を聴くべく申し込んでいたのだが、突然の痛風の発作で、結局、9日の午後の部(*印のもの)しか聴くことができなかった。
聴かずに印象を書くのも気がひけるのであしからず。

ぼくの聴きたいと思っていて聴けなかった人(オーネット・コールマン/小曽根真/オズ・ノイ)もいたが、たまたま聴けてよかった人(スガ・シカオ/バルカン・ビート・ボックスとSOIL&PIMP)もいる。

1HN_9871rs.jpg
RUFUSと共演するスガシカオ
(C)TOKYO JAZZ FESTIVAL 中嶌英雄/Hideo Nakajima


また来年を、楽しみに期待するとしよう。

放送。
10/16(火)・10/23(火)・10/30(火) 各日23:45-25:14
NHK BSプレミアム


TOKYO JAZZ FESTIVAL 2012 オフィシャルHP


posted by 松ぼっくり at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。